ピアノデュオコンサート終演

5月に開催いたしました「黒木 遼 & さつき ピアノデュオコンサート」無事に終演いたしました。

【プログラム】

エルガー:愛の挨拶

モーツァルト:きらきら星変奏曲

ショパン:幻想即興曲

ラヴェル:マ・メール・ロワ

〜休憩〜

パッヘルベル:カノン

グリュンフェルト:ウィーンの夜会より「こうもり」の主題によるパラフレーズ

チャイコフスキー:「眠れる森の美女」よりワルツ

ブラームス:16のワルツ 作品39

〜アンコール〜

ガルデル:ポル ウナ カベサ

岡野貞一:ふるさと

 

この度の演奏会は、私の地元である玉名市の高瀬蔵で演奏させていただきました。
高瀬蔵は、商家だった場所を改修整備し、現在は演奏会やイベントが行われる施設となりました。
構造は昔ながらの木造でできており、ホールも全体が木の空間となっており、楽器がよく響きました。

私自身、こちらのホールではこれまで何度か演奏をさせていただいておりましたが、今回は2年ぶりの高瀬蔵での演奏ということで、懐かしく嬉しく思いました。

  

当日はあいにくの天気となりましたが、地域の方々や生徒さん、また福岡など遠方からも多くの方々にお越しくださりました。

今回演奏いたしましたプログラムは、ご来場いただく方々が楽しんでもらえるような有名な作品を中心に組み立てました。
全ての曲で解説をお話しいたしましたが、前回の演奏会よりは上手く話せたかな?と、、今後はトークについても研究していければと、、、毎回の課題になりそうです。

 

演奏は前半は愛の挨拶から入り、性格の異なる有名な作品を、後半はカノンから入り、残りを全てワルツを、アンコールにはタンゴのpor una cabeza、唱歌のふるさと、とバラエティ豊かにたくさんの時代の作曲家の作品を演奏いたしました。

ご来場いただいた方々の和やかな雰囲気の中、それぞれの作曲家の良さをお伝えする演奏をすることができました。
また、アンコール前には素敵なお花もいただき、終演後にはたくさんの方に声を掛けていただき幸せな時間となりました。

 

最後になりますが、お足元の悪い中お越しくださった方々、また会場の設営やアナウンスなどお手伝いもしてくださった方々へ心から御礼申し上げます。

↓今回の演奏会の模様をダイジェストではありますが、動画にしておりますのでお時間のある時に是非お聞きください。

黒木 遼